介護脱毛

介護脱毛とは?

介護脱毛とは将来、介護されることを想定した脱毛で、主にVIOラインの脱毛をすることを指します。VIO脱毛とはお尻の周りなど下半身の脱毛です。

なぜ介護脱毛が必要なのか

自分が介護する側になるとわかることなのかも知れませんが、アンダーヘアの毛量が多いと不衛生になりやすく、また介護する側の負担も増大します。
そういった現状を感じてか、45歳くらいから介護脱毛をされる方が増えています。

具体的には、おむつを使い出すと便や尿が一定時間おむつの中にある状態になります。
定期的におむつの付け替えをする際にキレイに拭き取るのですが、この際に毛量が多いとキレイに拭き取れないケースがあります。

また、それを心配して強く何回も拭き取ると肌を痛めることになります。

糖尿病などの既往症があり、免疫が低下している方などは、そこから雑菌が入り感染症になる危険もあります。

完全に脱毛をしてしまうのか

ヨーロッパなどの諸外国では完全にツルツルに脱毛してしまうことが多いようですが、日本の文化には馴染みません。
実際に公衆浴場の文化も多く、趣味で温泉巡りをしていらっしゃる方も多いです。

当店では一人一人のご要望や体型に合わせた脱毛をご提案しております。
不自然にならない程度にアンダーヘアを残すような脱毛も出来ますので、気軽にご相談ください。

介護脱毛をスタートするタイミングについて

当店の脱毛機は従来の物とは大きく違い白髪にも十分に効き目を発揮いたします。
したがって、どのタイミングから始めていただいても大丈夫だとは思いますが、やはり白髪が多いよりは少ない方が効果が現れるのが早く感じます。

早めに対応をして将来に対する不安を取り除きましょう。